スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磨いたらもっと近づく憧れのステージ

Karafuru Konsa-to 001

一年の最初の月も最後の日、2010年1月31日。

神奈川県民ホールにて、
スフィア『カラフルコンサート』の追加公演がありました。

今回はKanagawaKenminホールということで、
英字表記はまさかの『Karafuru Konsa-to』……!

その証拠はあとでお見せしようフフフ。

さてさて。

そう、前回書いた通り今回は一列目。場所はだいたい豊崎さんの目の前当たり。
得るものはとてもとても多かったのです。

前回はこの追加公演があるということであまり語りませんでしたが、
今回は頭からケツさらにしっぽの先まで語り尽くそうと思います!

めっちゃ長いから各自ここからは覚悟して臨むように!!


♪1 朗読劇『春という名の猫』(スクリーンに影絵の挿絵付き)

-配役-
高垣彩陽さん:リリ、魔法使いのおばあさん
豊崎愛生さん:ミミ、カラス(♀)
戸松遥さん:カイ、リリとミミのお母さん(エマ)
寿美菜子さん:コハル(猫)、ナレーション、カイのお母さん(タキ)

-あらすじ-
リリとミミは双子の姉妹。
リリはちょっときつめな女の子。ミミはちょっと体の弱い穏やかな女の子。
二人は町で療養中の祖母を看病しに行った母親と離れ、
今は二人と猫のコハルと暮らしていました。

そんなある日、水を汲みに行ったリリは湖のほとりでカイという男の子に出会います。
唐突な出会いであったため、出会った際リリは汲んだ水をカイにかけてしまいました。

それを見ていた意地の悪いカラスが二人をからかいます。
リリはカラスの悪口を振り払い、カイを連れてその場を後にしました。

目が見えず、母親とはぐれてしまったというカイを、リリは家に招き入れ、
ミミの作ったあたたかなシチューをふるまい、びしょ濡れになったコートを暖炉のそばにかけ、
寝る時にはミミは自分のベッドでカイを休ませました。

コハルはカイからとてもイイ匂いがすることに気付き、カイのそばで寝ることにします。

その夜、リリは昔の夢を見ました。
それはミミが体調を崩し、寝込んでしまったある日のことの夢。
リリとミミのお母さんは、薬になる3本杉の根元に生えているというクローバーを
リリにとってくるよう頼みます。

暗く、寒く、雪の積もるその日。
リリはクローバーを持って帰りませんでした。

クローバーなどそもそもなかったのか、見付けられなかったのか、
それとも見付けた上で持って帰らなかったのか……。

それでも、お母さんはクローバーを持って帰らなかったリリを責めませんでした。
ただ、あたたかいミルクを用意し、寝込んでいるミミとは別の部屋でリリを寝かし付けました。

でも、リリの心は晴れませんでした。

責める母親。嘲笑うカラス。
そんな悪いことばかりを夢見ます。

そして――

『ミャー!!』

ハッと、リリは目を覚ましました。

うなされたリリを心配したコハルが、
大きく鳴き、リリを起こしたのです。

そこには、カイもいました。

カイはリリを心配し、ミミを起こしてこようかと訊きましたが、
リリはそれを断りました……。

一向に吹雪もおさまらず、家に帰ることが出来ないカイも加わったある日、
コハルが体調を崩してしまいました。
ミルクも飲まず、ただただ暖炉のそばで眠り続けるコハルを、三人は心配します。

夜、眠り続けるコハルにカイは語りかけました。

「コハル、お願いします。早く春を連れてきてください」

カイは、コハルの正体に気付いていました。

カイは突然3本杉へ行くと言い出しました。
コハルのために、クローバーを採りに行くためです。
カイの意思は固く、止められない二人。
目の見えないカイを心配した二人は、一緒行くと言いました。
ですが、リリはミミを制止し、ミミはコハルを看るために残ることになりました。

ミミは、リリに嫌われているのではないかとカイにつぶやきます。
カイは笑って言いました。

「リリはね、ミミのことを話す時とても優しい顔をするんだよ」

ミミは、心配ながらも、笑顔で二人を送り出しました。

その道中の会話の中、『色』の話になり、
リリは自分の好きな色を語りました。

雪の話になった時、ふとカイが訊ねます。

「白って、どんな色?」

生まれてからずっと目の見えないカイに、
言葉で『色』を説明するのは無理からぬことでした。

そんなやり取りをする中、3本杉へ着き、必死にクローバーを探す二人。

その二人をどこからともなくやってきたカラスが、また馬鹿にします。

「クローバーなんか見付かりやしない。あの夜のようにね……。
 それとも、見付けたけどわざと持って帰らなかったのかい?」

リリは身体を強張らせ、言い返します。

「違う! クローバーは見付からなかったの! 見付けられなかったの!!」

すかさずカイも反論します。

「ぼくたちは必ずクローバーを見付けて、コハルを元気にする。春を連れてきてもらうんだ!」

「うるさいね、土の中でしか生きていけないガキが生意気なこと言ってんじゃないよ!」

なにも知らないリリには分からない会話でしたが、
「あ~ばよっ!」と、ようやくカラスは暗い空へと飛び去って行きました。

ですが一向にクローバーは見付かりません。
暗く、寒く、雪の降るその日。夜空を照らす月までが雲に隠れてしまいます。

それでも二人は諦めませんでした。

深く深く積もる雪の下。
冷たくなる手を気にもせず掻き分け続けたその先に、クローバーを見付けたのです。

二人は急いでクローバーを持って帰り、コハルに見せます。

「コハル、クローバーです。受け取ってください」

カイがコハルにクローバーを与えたその時、
今まで雪が降り、モノクロだった世界が、一気に色付き始めました。

草木は緑に、空は青く、花は赤く、黄色く、色とりどりに――。

外へ駆け出す三人と一匹はとても楽しそうです。

ふと、そこへ誰かがやってきました。

「お母さん!」

なんと、やってきたのはカイの母親のタキと、魔法使いのおばあさんでした。
吹雪のせいでカイを探すことが出来ず、心配し続けていたカイのお母さん。

「わたしたちは、冬の寒さの中では生きていけません。
 あなた方が見付けてくれなかったら、きっとこの子は死んでいました……。だから、本当にありがとう」

魔法使いのおばあさんが、がんばったカイに一つだけ魔法をかけてあげようと言いました。

カイは、すぐに答えました。

「虹を、あの空に虹を架けてください。虹は架け橋だから、そうすれば、
 虹を渡ってリリとミミのお母さんが二人に会いに来れるから!」

それに――、とカイは続けます。

「虹には、リリの好きな色がみんな詰まってるから!」

こうして、リリとミミはお母さんと再会出来、いつまでもいつまでも幸せに暮らしましたとさ。

~おしまい~



……あれ、あらすじどころか全編じゃね?
なんかもう途中から普通に物語書き始めちゃってね?
文が変わってね?

……いやまあ気付いてたけどね、
せっかく書いたしもうこのままでイイやと思ってラストまで書いたけどさ……。

しかもところどころ抜けてるだろうし、いろいろ間違ってるだろうし、
最後とかかなり怪しいし、ストーリーの順番が前後している気がしないでもないし……。

つかこの時点ですでにめっちゃ長くね? この先やばくね!?

MORE »

待ちきれない時には Baby, Baby universe day

一年の最初の月も終わりかけの2010年1月30日。

『キディ・ガーランド』のイベント、
GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」出張デリバリーへ行ってきました。

とりあえずここを見て概要を把握してください。

オレはBDを予約したので、
握手会とさらにお渡し会への参加でした。

いろいろはしょってさっさと握手会+お渡し会の内容へと移ろうか……。
むしろそのことを書くべきだしな!

さてさてそんなわけで始まったイベント。
握手は、内田彩さん(アスクール)⇒合田彩さん(ク・フィーユ)⇒白石稔さん(ミ・ヌゥルーズ)の順番。

ラストが白石さん……この時点でなんか燃えてきたぞ……!!
超にぎにぎしちゃるわああああああああああ!!!!


#1 内田彩さん(アスクール)

内「はじめまして! アスクール役の内田彩です!」
コ「はじめまして!」
内「今日は来てくださってありがとうございます!(握手一回目)」
コ「……はい! さっそくですがぱっきゅーんしてください!」
内「違います! 『ぱ』っきゅーんじゃなくて『ぽ』っきゅーんです!!
  ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽの『ぽ』です!!!!』
コ「え、あ、マジすいません……」
内「じゃあ行きますよー!(手を掲げる)」
コ「……はい!(手を掲げる)」
内&コ『ぽっきゅーん!!(パーン!!!!←ハイタッチする音)』
内「お、思いのほかすごい落としましたね……」
コ「え、あ、マジすいません……。つかやっべ、超緊張してきたー!」
内「ふっふっふー、そんな時にはこれです!(ガサゴソ←タマの形をしたポーチに手を突っ込む音)」
コ「??」
内「じゃーん、飴です! いちご味です!(ビリビリ←包み紙を開ける音)」
コ「!?」
内「どーぞ!!(差し出される飴)」
コ「今!?」
内「今!!」
コ「え、あ、いただきます……」
内「どうですか? 緊張ほぐれましたか?」
コ「……はい!(コロコロ)」
内「よかったです!」
コ「ありがとうございます。あ、今日は渡すものがありまして……どうぞ(コロコロ)」
内「わあ! 花束ですね!」
コ「ひまわりは太陽の花なので、まさしくアスクールだと思って(コロコロ)」
内「わざわざありがとうございます!(握手二回目)」
コ「いえいえ。喜んでいただけてなによりです。じゃあまた!(コロコロ)」
内「はい! 今日は本当にありがとうございました!!(握手三回目)」
コ「ありがとうございました!(コロコロ)」
内「……。(さわさわ←オレの服のファーを触る)」
コ「!?(コロコロ)」
内「気持ちいい~」
コ「どうも……(コロコロ)」


#2 合田彩さん(ク・フィーユ)

合「はじめまして! ク・フィーユ役の合田彩です!(握手一回目)」
コ「はじめまして!(コロコロ)」
合「なんかすっごいいちごの香りがするんですけど……」
内「ごめん、無理矢理食べさせちゃった!」
合「ええっ!?」
コ「……。ところで、ク・フィーユ大っっっっっっっっっっっ好きです!!!!(コロコロ)」
合「本当ですか!? すごい嬉しいです!!」
コ「もう一話からずっと好きです! 今やってるアニメの中で一番好きなキャラです!!
  だから今日はホントに幸せです!!(コロコロ)」
合「ありがとうございます! みんな2話とかあと5話とかの壊れっぷりが最高って言ってくれるんですけど、
  1話からって言ってくださる人なかなかいないです!!」
コ「……。あ、そうだこれ(コロコロ)」
合「!! ありがとうございます! 花束綺麗です!(握手二回目)」
コ「ピンクのバラは美しい少女とか上品とかそういう意味があって、ク・フィーユにぴったりだと思って(コロコロ)」
合「ちゃんと選んでくださったんですね!」
コ「……はい! じゃあまた(コロコロ)」
合「はい! 今日はありがとうございました。花束もありがとうございました!(握手三回目)」


#3 白石稔さん(ミ・ヌゥルーズ)

白「どうも、ミ・ヌゥルーズ役の白石稔です!(握手一回目)」
コ「はじめまして! 今日はホントお会い出来て光栄です!(コロコロ)」
白「いえいえ、今日は来てくれてありがとう!」
コ「喰霊ライブの時にお目にかけてはいるんですが、こんなに近くで対面出来るのは初めてで嬉しいです!(コロコロ)」
白「おお、喰霊のライブ来てくれたのか!(握手二回目)」
コ「……はい! あ、白石さんには先に渡しておきます(コロコロ)」
白「俺にもあるのか! ありがとう!!(握手三回目)」
コ「霞草だけの花束です(コロコロ)」
白「おおマジか……あ、ありがとう」
コ「霞草は霞みそう、つまり逆を返せば絶対に霞まないってことなんですよ!!(コロコロ)」
白「!! そういう意味があるのか!! 声優業界でも霞まないようにがんばるわ!!」
コ「……はい! がんばってください! あと、人の魅力を引き出すって意味もあるんです。
  個人的に白石さんはそういう存在だと思ってます!!(コロコロ)」
白「おお!!」
コ「あ、最後にハグしてもらってイイですか(コロコロ)」
白「オッケーオッケー!」
白&コ『ガシッ!!(ガリッ←飴が砕け散る音)』
コ「今日はホントにありがとうございました! これからも応援してます!!」
白「おう! 今日は来てくれてありがとう!!(握手四回目)」


……あれだな。
我ながらひどい羞恥プレイだな。

※なおこちらの記事はフィクションとノンフィクションが入り混じりさらに一部都合の良いように解釈しさらに一部省略しております。
 何卒ご容赦くださいますようよろしくお願い申しあげます。

MORE »

思いっきり!この時代を駆け抜けて行くんだ

年も明けました2010年1月10日。

渋谷C.C.Lemonホールにて、
スフィア『Colorful Concert』がありました。

その前に、ファンのみんなに言いたいことがあります。

歌から始まると思ったら大間違いだよ!!

歌ではなく朗読から始まって、
サイリウムを取り出して待ち構えてた人たちが笑いながらしまってて思わずオレも笑ったわ。

そういえば朗読から始まるのってまだスフィア結成前の、
ミュージックレインGirls秋の収穫祭の時以来だった気がするな……懐かしいな。


そんな感じで始まったColorful Concertですが――追加公演もあるから少しだけ書こう。

いつも通り、歌はソロありもちろんスフィアでもありでした。

ただ今回はカバー曲はなく、
ソロでは戸松遥さんが『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』EDの
『Girls, Be Ambitious.』を歌いました。
なんと本邦初公開のフルバージョン!
戸松さん絶対歌ってくれるだろうなとは思ってたけど、
それでも実際に聴くと想像以上に良くて、
曲も明るく元気で振りも可愛くてね……早く手元にCD欲しい。
サビの出だしが頭の中でループしまくってるわ……。
あ、もちろんとっくの昔に予約済みだけどね!

寿美菜子さんが『けいおん!』キャラクターソングより
琴吹紬で『Humming Bird』。
こないだの横浜アリーナでのけいおん!のライブでは
『Dear My Keys ~鍵盤の魔法~』を歌って、
こっちもすっごい聴きたかったから思わずテンション上がりました。
蛇足だけどけいおん!ライブでの寿さんの衣装めっちゃ可愛かったな……。
いつもの歌声ではなくて、むぎとしてのおしとやかめな歌声で、
これはキャラソンじゃないと聴けない声色でした。
そしてやっぱ生で聴いても超良かったです。

高垣彩陽さんは『機動戦士ガンダム00』のcome acrossシリーズより、
フェルト・グレイスで『祈り†』。
まあなんというか。
高レベルでの抜群の安定感過ぎていつ聴いてもこういう曲調は、ヤバい
いや個人的には『鋼殻のレギオス』の
ニーナみたいな声色で歌った高垣さんの歌も大好きなんだけど。
『ミキシング・ノート』とかね。
それはさておき。
この『『祈り†』みたいな曲調でもっと歌出して欲しいです!
いややっぱ『ミキシング・ノート』みたいなのも(ry

豊崎愛生さんはもちろん、
ソロデビューシングル『love your life』。
そういえばこの曲は生で聴くの初めてでした。
曲名もそうだけど、Rie fuさんの作った曲もぴったりでとてもイイです。
ちなみにこの曲は今までの豊崎さんのいろんな歌と比べると低音で、
それがすごい好きだったりします。
……いや多分こんな低いのは初めてだと思う多分。
特に歌の出だしが好きだったり。
テンポもところどころ微妙に難しいんですが、
ばっちり歌えてて、とっても良かったです!
一ヶ所メロディを間違えたのはライブならではのご愛敬です!


ここまでつらつらと書いといてなんだけど、
実はいつもカバー曲をなに歌うのか楽しみにしてました……。
スフィアとしての曲が増えた反面だね……時間さえもっとあれば……!!

もしかしたらA.T.M.O.S.P.H.E.R.E.の中で
一番好きなんじゃないかっていう曲の
『らくがきDictionary』が聴けなかったのが心残り。
これは神奈川県民ホールに期待します!


これは声高らかに言ってイイですよね。

なんとアンコールで、

戸松遥さんの成人式を行いました!!(ドッキリ)

詳しくは戸松さんのブログ見てね。
ちゃんとその時の写真も載ってるからさ!


とにもかくにも、

全部ひっくるめてやっぱり最高でした!!

MORE »

ひとが願う楽園 幻の星

2009年も年末。

それは商売的に書き入れ時の季節。

そしてオレたちにとっては書き入れられ時の季節……!!



ここで豆知識。

某N○Kの調べた結果によると、『かきいれどき』という言葉。
1.掻き入れ時 2.書き入れ時 3.欠き入れ時 と3つ例を上げてアンケートをしたところ、
1.- 62%、2. - 32%、3. - 6%という結果が出たらしい。

が。実は正解は2番! 『書き入れ時』なんだってさ。
品物が売れるとその売り上げを帳簿に記録していきます。
儲け時にはこの帳簿に“書き入れる”作業が最も忙しくなるから、『書き入れ時』。
しかし“儲け時”という意味から、利益やお金を『掻き集める』という
イメージが浮かぶんだろうっていうことなんだって。

以上、豆知識終了。




さて。

多くは語るまい……各々この年末のためにさぞ資金を貯めただろう。
まあ大抵は冬コミのためだと思うんだけど、
コミケでいつも5000円くらいしか使わないオレとしてはまったく違う。

そう、2009年末……それは――

A.T.M.O.S.P.H.E.R.E.と神曲奏界ポリフォニカAFTER SCHOOLの

発売じゃあああああああああああああああああああああ!!!!!!


というわけでこれ以上の御託はイイ!

戦果を発表するぞ!!!!


1.A.T.M.O.S.P.H.E.R.E.+α

全体図
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E. 001

限定版CD+DVD&通常版CD
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E. 002

店舗別特典差し替えジャケット&ブロマイド
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E. 003

店舗購入特典ポスター
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E. 007

ひとりごと+ふたりごと2009年冬号
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E. 004

スフィアショップ2特典ブロマイド&Pick-up Voiceゲーマーズ特典ブロマイド
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E. 005


グ、グフッ……もうここでオレのHPは半分以上削られちまったぜ……。

駄菓子菓子!
まだオレたちの戦いは終わってないんだー!!


2.神曲奏界ポリフォニカAFTER SCHOOL

全体図
ポリフォニカAS 001

ソフトの中身
ポリフォニカAS 002

ソフト
ポリフォニカAS 003

予約特典/ポリフォニカスペシャルコレクションCD
ポリフォニカAS 004

店舗別予約特典テレカ
ポリフォニカAS 005


ゴフッ……故郷のあの子に、愛してる、ってゴホッ……伝え、て……ガクッ

MORE »

歌は 魂を伝えてくれる

2009年11月28日。

第5回 Visual Information Party――V.I.Pのポリフォニカ特集のイベントに行ってきました。

といってもアニメの方ではなくて、
今度発売するゲーム、『神曲奏界ポリフォニカ AFTER SCHOOL』の方です。

簡単にいえば、以前発売したゲームやアニメ第2期のいわゆる学園編の話と、
小説やアニメ第1期のいわゆる社会人編の話との間を埋める内容のゲームとなっております。

ちなみに公式はここな!

で、まあいろいろとあったんだけど。

まずはRitaさんと吉田仁郎さんによる前のゲームの主題歌と今回のゲームの主題歌のライブ。
Ritaさんが歌い、吉田仁郎さんがギターね。

次に原作者 榊一郎先生によるトークショー。
いろいろと裏話。ポリフォニカに関係ない話もちらほら。

流通会社の方によるポリ黒のゲームの紹介。
なんか12月18日に通常版が今さら出るらしい。

そして開発代表の方による発売1週間延期の謝罪。
このためにわざわざ神戸から来たらしい。

最後にジャンケン大会。
なにも当たらず……いや関係無いゲームのクソでかいパネルとか当たっても困るから!
バットとかもいらねぇから! でも会場に展示してあった設定資料が描かれたパネルは欲しかった……。
あ、そのパネルは下の方に貼っておきます。

つか、榊先生トークショーの時はいつも通りサングラスだったのに
ジャンケン大会で出てきた時はメガネになっててワロタ。
普段はメガネなんですね……いつもサングラスじゃないんですね……焦っちゃったんですね……。

おまけにまさかの榊一郎先生(サングラス装着)撮影会。
笑いこらえながら撮影したからすげぇぶれてたし、
撮り終わった瞬間に脱兎の如く逃げ出したわ!

最後には参加特典もらって帰りましたとさ。

大雑把に書けばこんなもんだよね……内容とか誰も求めてないだろうからイイよね……。

さて、こっからが本番。

撮った展示品貼りまくるぜぇ!!



パネル
VIP 001VIP 002VIP 003VIP 037VIP 038


イベントCG
VIP 004VIP 005VIP 008VIP 009VIP 010VIP 011
VIP 012VIP 013VIP 014VIP 015VIP 016VIP 035VIP 036



設定資料:コーティ
VIP 017VIP 018VIP 019VIP 020VIP 021VIP 022VIP 023VIP 024


設定資料:イアリティッケ
VIP 025VIP 026VIP 027VIP 028VIP 029VIP 030VIP 031VIP 032VIP 033VIP 034


参加特典:栞&ブックカバー
VIP 041



まあ、あれだ。


最高だなオイ!!!!!!





MORE »

«  | HOME |  »

プロフィール

コヨーテ

Author:コヨーテ
|,_ゝ゜) 奇跡ってのはな、
人の執念が起こすんだよ。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (8)
恋姫 (1)
カラオケ (3)
車 (1)
ミニ四駆 (4)
ポリフォニカ (11)
ミュージックレイン (10)
漫画 (1)
音楽 (3)
クイーンズブレイド (1)
ガンダム (1)
イベント (2)

検索フォーム


FC2カウンター その1


RSSリンクの表示


リンク

このブログと、シてみる?

ブロとも申請フォーム

この人と、ヤってみる?


QRコード

QR

FC2カウンター その2

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。